スマートフォン普及の弊害

表題にもあるが、スマートフォンの普及について物申したい。私のブログの中では初めての社会的な内容であるため多少なりとも肩に力がはいる次第だ。カマすぜ

 

スマートフォンを持っていることが当たり前となった今日では、インターネットを駆使することで、いつでもどこでも女の裸体をすぐに見られる時代となった。

 

私が中学生だった十数年前は、オカズひとつを手にいれるだけでも一苦労であり、お宝ゲットまでのアドベンチャーがあった。通学路から少しそれたところによくエロ本が捨てられているスポットがあり、仲のよい友人と立ち寄って誰がどれを持ち帰るかの会議を繰り広げたものだ。また、ふたりエッチ、天上天下を持っている同級生から誰が先に借りるかなどの話し合いもあり、そこで私は交渉術を学んだ。

 

そういったものの入手に必死だった私は、エッチ要素のあるテレビ番組を親に隠れてビデオ録画したものである。当時は、今よりは攻めた深夜バラエティーも多くあったし、嬢王や只野仁などのドラマもあった。

 

某日、隈無く新聞のラテ欄をチェックしている時に、深夜の番組に「グラビア」というワードを発見した。「グラビア=巨乳ビキニ」と安易に変換していた私はすぐさま録画準備をした。

そして、翌日。親が寝静まってから録画した番組を見たとき絶望した。画面には鮮やかな羽を広げ飛び立とうとしている鳥が写っていた。その番組でのグラビアとは「グラビア印刷」という手法を指すもので、カメラを趣味に持つ方が見るような番組だったのだ。そもそも、深夜の番組とはいえどNHKだったことに違和感を覚えるべきだった。

 

今となってはそういった経験も良き青春であったと胸を張れる。このような失敗が人をひとつ大きく成長させる。今の中学生は努力も失敗もせずにスマートフォンでAVを見つけられていると思うといささか寂しい。人を成長させる場を奪うスマートフォンに私は怒りを覚えて仕方がない。怒りの矛先をどこ向ければいいのかわからないので、今日のところはスマホでエロサイトを探して怒りを沈めようと思う。

 

 

【余談】

大塚愛の大ファンだった中学の頃に、ラテ欄で「大塚愛」を見つけて録画した。翌日に録ったビデオを見たら「大恋愛」と空目していたらしく、知らない女優が過去の恋愛を語っていて、誰だこのババアとなったことがあります。

 

 

終電前の吉牛

大学の頃の某先輩が「良いものと良いものを合わせればより良くなるってのは違う。牛丼はうまいし、カレーもうまいけどそれを合わせた吉牛のカレー牛丼はバカの食べ物だ。」と言い放っていた。ただの足し算ではより良いものは出来ないことの素晴らしい例えだ。人生の至るところにそんなとこあるよね~

 

P.S.吉呑みはグッドハイブリッドやとおもいます

7月13日(木)スピッツワンマンat日本ガイシホール

表題の件について。

 

最近は心身ともに疲れすぎていて正直バッチバチには楽しめなかった。セットリストはほぼシングル曲で、スピッツマニアでない自分でも知らない曲がほとんど無かった。その日のベストバウトは「俺のすべて」だと思った。夏だ。

 

ライブでもらったパンフレットに年代別のベスト盤の記載があった。目を通して気付いたが、私は初期の方が好きだ。幼稚園児だった頃に母が車でいつも流していたからかもしれない。夏の魔物青い車、渚、スパイダーが特に好きだなぁ。

 

帰りは当然のごとくの混みようで、笠寺の電車を待つのが嫌になったので、一番近い地下鉄駅である桜本町駅まで歩いた。通ったこと無い道を歩くのは楽しい。

 

 

p.s.

この前交差点でヤマサのトラックを見て「なんだこの既視感は…!」とおもって考えてみたらスピッツのロゴと一致した。ヤマサのちくわはキュートな丸みを帯びたフォルムだと思っていたが、実は尖っているのかもしれない。(もしくは、私がスピッツだと思い込んでいたバンド名は「ヤマス」だったのか…?今の私の知識量では判断しかねるのでリサーチしたい。)


f:id:memorandum-wasureru:20170717013141j:image


f:id:memorandum-wasureru:20170717013247j:image

7月7日(金)JAMMIN

OGRE YOU ASSHOLEとvideotape musicを見に行った。

 

一番手がオウガだった。オウガは古めのアルバムを数枚持ってるくらいで、それほど詳しくはない。実際、ライブをみてもそこまで爆裂アゲには至らなかった。ただ、もともと知らなかった曲だが、「夜の船」が凄く沁みた。なにもない毎日から逃げ出せそうな気がした。

 

そして、次がvideotapemusic。チャイナブルーはアンコールだった。レ・アナーコのチャイナブルーも凄く好きだけど、ビデオテープミュージックのマッチョ映像を用いたパフォーマンスは言わずもがな素晴らしかった。

 

JAMMINには始めてきたのだが(存在を知ったのもKOHHがワンマンやった時)、中学のクラスメイトがここで働いていて吃驚した。中学時代でもとりわけ交流があったわけではないが、この偶然さが面白くなって話しかけてみたら、案の定変な感じになった。謎の好奇心に突き動かされた自分の行動に後悔しかない。

 

また、偶然でいうとライブハウスで大学の先輩と会った。今は浅間町にお住まいとのことだったので、浅間町に住んでいる友人を召喚して三人で山ちゃんで飲んだ。私が手羽先を頼むと、「それ、頼みすぎじゃない…?」との指摘を受けた。今回に限らず、この指摘は幾度となく受けたことがある。しかしながら、私は毎回ほどよい分量を頼めていると確信している。今回も私の注文に狂いはなかった。山ちゃん行き慣れてない人は、気持ち多目に頼むとちょうどいいと思います。

あと、箸袋に載っている食べ方を実践しようとすると初心者だと思われるので、「銀河高原ビール知名度に少なからず山ちゃんが影響してるよね~」となどとクソみたいなことをほざいて、「俺知ってるぜ…!!」感をだしつつ、自分なりの食い方で手羽先を食った方が古参ぶれると思います。そこで、「山ちゃん、良く来るんだね~」的な事を言われたら「俺、山ちゃんワンなんだよね、いや違う、山ちゃんスリー!いや違う、あ、そうそう、山ちゃん通なんだよ」と陽気な親父ギャグをカマすことで枯専ギャルの心を鷲掴みだ。

 

 

 

 

お後がよろしいようで。

 

6月23日

自分の拙い文章で人の命に関することを書くのは心苦しいので、詳しくは書かないが小林麻央が亡くなったことについて。

 

芸能人が結婚しようと、犯罪を犯そうと、亡くなろうと、自分の身の回りではないため、パラレルワールドで起きている出来事の一つくらいにしか思っていない。ただ、今回の件に関しては、メディアで闘病の取り扱いも多々あったことに加えて、自分が高校生の時に母が同じ病気になったこと(早期発見で今は健康)があるため他人事に思えなかった。芸能人の訃報で初めて涙を流した。今日はいろいろなことを考えてしまう1日となった。

朝のこと

これは今朝に起きたvending machine(和訳:自動販売機。中1の英語授業の初期で習った難単語。私にとっては思い出深い単語である。)にまつわる話である。

 

職場の最寄り駅に設置されている自動販売機で缶コーヒーを買おうと、購入中のオジサンの後ろに並んだ。寝ぼけ眼でぼんやり携帯を触りながら終わるのを待っていたが、なかなかそのオジサンは動こうとしない。サクッと買いたいのに早くしてくれよ~と思いつつ携帯から顔をあげると、オジサンは笑顔で私の方を振り向き、指でボタンを押すジェスチャーをしてきた。その時、自動販売機の販売中のランプの隣に数字の「2」が4つ並んでいるのが見えた。「このオヤジ、当たってやがる…!」と気付くと、条件反射で「エエッ!!」とすっとんきょうな声を出してしまった。我ながら朝っぱらからよくも間抜けな声を出せたものだと感心してしまう。オジサンは私に「当たったんだけど、二本も要らないからどうぞ~」と言ってくれた。一度は断ったものの、私は幸運なオジサンのお言葉に甘えた。

 

この幸運なオジサンは、たまたま後ろにいた見ず知らずの私に当たりを譲ってくれたほどなので、普段の行いの良さが想像できる。ガリガリ君の当たり棒がでると洗って、いつでも自慢できるように生徒手帳にセットしていた罪深き中学生の頃の私とは違う。(中3の頃はひと夏で5本当てた。これは今でもすごいと思う)

 

素敵なオジサンのお陰で今日だけでも人に優しくなりたい気持ちになった。今朝のコーヒーはいつもよりも身の引き締まるものだった。

 

 

 

ライド・オン

6月17日(土)金山ブラジルコーヒーにてライブを観てきた。


f:id:memorandum-wasureru:20170619230856j:image

出演

1.角田波健太バンド

2.しょうにゅうどう

3.藤井洋平&VSCOT

 

 藤井洋平を知ったのはceroのラジオ(ナイドリ)で紹介されていた時だ。初めて聴いたときは岡村靖幸、プリンスの系譜を感じた。特に「どうせおまえはわかっちゃくれない」のギターソロはパープルレインを彷彿とさせる。

https://youtu.be/FCnIasSnmFw

 

藤井洋平は興味はあるが、激ハマりしているわけではないのに加えて、ライブ行くと疲れてまうので、ブラジルに行くことに少し躊躇していた。結局ライブに行くに至った理由としては、ceroのサポートを務める厚海義郎、光永渉の演奏を近距離で見られることの期待が正直なところ大きかった。

 

 

ライブが始まってからすぐに、プリンス、岡村靖幸フォロワーだと感じていた自分の間違いに気付いた。藤井洋平は「藤井洋平」以外の何者でもなかった。オードリー春日が「ボケでもツッコミでもなく、私は春日だ。」と言っていたがそれと同じなのだろう。藤井洋平の妖艶なきらびやかさによって、名古屋の喫茶店内にニューヨークの摩天楼が見えた気がした。(自分のニューヨークのイメージは中学の時かじりつくように観ていたドラマ「花より男子」しかないです。つくしが道明寺に会いに行くとこやね。あと、ピース綾部頑張ってほしいね。)

 

 今、藤井洋平のアルバムを聴きながら本文を綴っている。藤井洋平の曲はバッキバキなブラックノリの曲だけではなく、スティーヴィーワンダーのように大いなる愛に満ちた曲も多数ある。サポートで参加している荒内祐のキーボードもそのサウンドに貢献しているのだろう。(ブラジルで見た時のDRIANもえげつなくかっこよかったけどネ。)そのラブ&ピースな曲調のひとつと思いきや「ママのおっぱいちゅーちゅーすって、パパのすねをかじっていたい」のような一筋縄ではいかないバチバチファンクマン藤井洋平のバイタリティー大放出の曲もある。「藤井洋平」という曲もあるのだが、自分の名前を曲名にするあたりも藤井洋平の画像を見るだけで府に落ちる。


f:id:memorandum-wasureru:20170619231953j:image

 

 

 

稀勢の里
f:id:memorandum-wasureru:20170619231440j:image