楽ya閉店について

10月半ばの某日、植田~塩釜口付近を歩いていたので、久々にCDをディグろうと思い楽yaに立ち寄った。店内を一通り見て会計をした時、レジ付近に今まではなかった貼り紙を見つけた。そこには「10月末をもってCD販売コーナーが終了する」との記載があった。学生の頃からお世話になってる地元のレコ屋が無くなることは私にとっては大事件だ。また、サウンドベイの植田店、上前津店が無くなったときと同じように想い出の場所を失うことは辛く哀しいことだった。

 

 

思い返せば、楽yaではサニーデイ・サービス、セロニアスモンク、ヨラテンゴ鈴木茂、ウータンクランと挙げればきりがないが、何十枚もの名盤を購入した。現状、私のCDラックの4割くらいは楽yaで購入したものだと思う。

 

10月28日、今日で行けるのは最後だということで、本当に貧困に陥った時までとっておいたポイントも全て使いきった。最後に買ったのは空中キャンプ(フィッシュマンズ)、we free kings(ローランドカーク)、フィッシュマンズ 彼と魚のブルース(CDではなく評伝)となった。これらは最後の思いでとして大切にしたい。


f:id:memorandum-wasureru:20171029010625j:image