7月7日(金)JAMMIN

OGRE YOU ASSHOLEとvideotape musicを見に行った。

 

一番手がオウガだった。オウガは古めのアルバムを数枚持ってるくらいで、それほど詳しくはない。実際、ライブをみてもそこまで爆裂アゲには至らなかった。ただ、もともと知らなかった曲だが、「夜の船」が凄く沁みた。なにもない毎日から逃げ出せそうな気がした。

 

そして、次がvideotapemusic。チャイナブルーはアンコールだった。レ・アナーコのチャイナブルーも凄く好きだけど、ビデオテープミュージックのマッチョ映像を用いたパフォーマンスは言わずもがな素晴らしかった。

 

JAMMINには始めてきたのだが(存在を知ったのもKOHHがワンマンやった時)、中学のクラスメイトがここで働いていて吃驚した。中学時代でもとりわけ交流があったわけではないが、この偶然さが面白くなって話しかけてみたら、案の定変な感じになった。謎の好奇心に突き動かされた自分の行動に後悔しかない。

 

また、偶然でいうとライブハウスで大学の先輩と会った。今は浅間町にお住まいとのことだったので、浅間町に住んでいる友人を召喚して三人で山ちゃんで飲んだ。私が手羽先を頼むと、「それ、頼みすぎじゃない…?」との指摘を受けた。今回に限らず、この指摘は幾度となく受けたことがある。しかしながら、私は毎回ほどよい分量を頼めていると確信している。今回も私の注文に狂いはなかった。山ちゃん行き慣れてない人は、気持ち多目に頼むとちょうどいいと思います。

あと、箸袋に載っている食べ方を実践しようとすると初心者だと思われるので、「銀河高原ビール知名度に少なからず山ちゃんが影響してるよね~」となどとクソみたいなことをほざいて、「俺知ってるぜ…!!」感をだしつつ、自分なりの食い方で手羽先を食った方が古参ぶれると思います。そこで、「山ちゃん、良く来るんだね~」的な事を言われたら「俺、山ちゃんワンなんだよね、いや違う、山ちゃんスリー!いや違う、あ、そうそう、山ちゃん通なんだよ」と陽気な親父ギャグをカマすことで枯専ギャルの心を鷲掴みだ。

 

 

 

 

お後がよろしいようで。