朝のこと

これは今朝に起きたvending machine(和訳:自動販売機。中1の英語授業の初期で習った難単語。私にとっては思い出深い単語である。)にまつわる話である。

 

職場の最寄り駅に設置されている自動販売機で缶コーヒーを買おうと、購入中のオジサンの後ろに並んだ。寝ぼけ眼でぼんやり携帯を触りながら終わるのを待っていたが、なかなかそのオジサンは動こうとしない。サクッと買いたいのに早くしてくれよ~と思いつつ携帯から顔をあげると、オジサンは笑顔で私の方を振り向き、指でボタンを押すジェスチャーをしてきた。その時、自動販売機の販売中のランプの隣に数字の「2」が4つ並んでいるのが見えた。「このオヤジ、当たってやがる…!」と気付くと、条件反射で「エエッ!!」とすっとんきょうな声を出してしまった。我ながら朝っぱらからよくも間抜けな声を出せたものだと感心してしまう。オジサンは私に「当たったんだけど、二本も要らないからどうぞ~」と言ってくれた。一度は断ったものの、私は幸運なオジサンのお言葉に甘えた。

 

この幸運なオジサンは、たまたま後ろにいた見ず知らずの私に当たりを譲ってくれたほどなので、普段の行いの良さが想像できる。ガリガリ君の当たり棒がでると洗って、いつでも自慢できるように生徒手帳にセットしていた罪深き中学生の頃の私とは違う。(中3の頃はひと夏で5本当てた。これは今でもすごいと思う)

 

素敵なオジサンのお陰で今日だけでも人に優しくなりたい気持ちになった。今朝のコーヒーはいつもよりも身の引き締まるものだった。