読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一月中旬

試験が終わり一段落した。一月中旬は年末年始とのギャップもあるのに加えて、寒さが増していくこと以外季節的な変化もないので魅力のない時期に思う。

 

大きなイベントもないのでサウナについて書きたいと思う。先日、平日休暇があったので和合温泉湯楽に行ってきた。平日の昼間であれば空いてると思ったが、予想に反して結構人がいた。ほぼご老人ではあったが。平日の昼間なので、まわりが働いている中、銭湯にいるっていうイリーガルさもあっていつも以上に心地よかった。昼のセント酒の「申し訳ない」ってのに近い感情だとは思うけど、イリーガルさが桁違いなので仕事中に行くとより素晴らしいのではないのかと憧れてしまう…昼のセント酒はドラマティックで数奇的な事象が一切無いので、同じ事を現実で出来るのではないか…?と錯覚してしまうところが罠だと思う。現実に実行は不可能だ。休日の前日に仕事後ウェルビーをキメる合法的至福で代替するしかない。あと、戸次重幸だから見てたけど他の役者だったら全話は見なかっただろうな。

サウナでは水戸黄門の再放送をやっていた。東幹久と的場浩司タッグがかっこよかった。タナカカツキはサウナにテレビを反対派みたいだけど、自分としては普段見ない番組を見れたり、知らないオッサンと一緒に笑ったり、爺さん達とグルーヴが出来たりするから嫌いじゃない。去年の夏にサウナ内テレビでみた乃木坂の生liveが自分の中では大きな思い出になっているのもあるし。ただ、ウェルビーの森のサウナみたいに、テレビがないことの魅力もわかる。

その程度のことを考えていたつもりが、いつのまにかサウナについて深く考えてしまった。サウナは人為的に作られたものではあるし、管理しているのも人間だ。人の手が加わっているからこそ「テレビを無くして欲しい」、「チャンネルを代えてほしい」、「水風呂の水温はシングルがいい」といったような気持ちは自然に対する要望より現実味があるので納得がいく。実際に自分自身にも好きなサウナはあるし、このサウナのどこが好きだっていうポイントもある。しかしながら、サウナには人工のものとは書いたが、山や海と同じ「自然の寛大さ」を備えていると思う。サウナの前では人は無力であって、サウナの寛大さに受け入れてもらうしかない。それと同時に、自分自身もサウナに対して寛大になって受け入れたいと思う。サウナに違いがあるのなら、その違いに合わせてケースバイケースで楽しむべきだ。自然にケチつけるなんていうことはただの傲慢だ。どのサウナにもそれぞれの魅力、楽しみ方があるという結論に帰着した。

 

外気浴で寝そべって空をぼんやり眺めた。いままで、空をながめることは中学、高校の時の部活の時(ストレッチ中)ぐらいだった。「空をながめる」っていう表現はナルシスト的だし、仕切りに写真を撮りたがるサブカルシャバ僧みたいでダサいとは思うけど、サウナ後のそれは特別だ。サウナトランスの中で流れる雲を見るだけで、情けない自分を受け入れられた気持ちになる。サウナ後の外気浴は、自己肯定感に浸れる人生において限られた時間のひとつだと感じた。

 

 DVD録画しておいた、もろもろのハナシを見た。おぎやはぎバナナマンは今一番かっこいいオッサンだと思うし、オードリーはオドぜひがあるからか近い距離感を感じるし素晴らしい面々の番組だ。雑談の中で「大人になったら感動することがなくなる、すごいことも日常になってしまう」っていうのが引っ掛かった。自分にあてはめてみても、最近は大きく気持ちが動いたことがない。ドラマ、お笑い、音楽、動画などのに感動したりしても、自分が何も努力していないし達成感もなにもない。簡単に感動できるっていう点で時間に対するコストパフォーマンスが一番いいように感じるけど、楽しみがそれしかない自分の人生に対して懐疑的になってしまう。

年の瀬

クリスマスイブは仕事からの西東さん観覧で、クリスマスは新バンドでのライブだった。二日ともいい日だったけどクリスマスらしいことをなにもしてない。強いて言うなら会社で買わされたクリスマスケーキを食っただけだな。ハロウィンっていうクソ文化が日本での勢力を伸ばしていてクリスマスの価値が相対的に下がってる気がする。クリスマス曲で素晴らしいものは沢山あるけど、ハロウィンの曲が蔓延る未来だけは来ないでほしい。それと、最近は初詣に行かない人が増加傾向にあるらしい。年賀状を一切出さなくなったから人のことは言えないけど、すごく悲しいと思った。初詣でシャンとする気持ちを大切にしたい。

 

年末の風物詩、有馬記念も終わった。サトノダイヤモンドの1着は当てれたけど、相手が合わずに撃沈。キタサンブラックは完全にはずしてしまっていた。今年は競馬をほとんど終えていないし、つまらない有馬だったけどレース後には今年も終わるのかぁと余韻に浸れた。

26日(月)は振休をいただいたので大掃除に充てた。しゃばさが抜けてないんで去年と同じでギドラの空からの力(大掃除があるため)を聴いてからやった。大掃除後にはスタジオに行って録音をしてから銭湯に行った。平日だし空いてることを望んで行ったけどフロの日だからか思ったよりは人がいた。

29日(木)は高校の友達とブラジルコーヒーと塩釜口付近のバーに言った。会いたいと思う友達がほとんどいないし、会いたい人も会話が弾まず残念な気持ちがしそうで怖いっていうのがあるけど、今日あった二人は特別だと思った。
f:id:memorandum-wasureru:20161231174055j:image

友達の電気自動車(リーフ)に乗せてもらったけど、充電してるところがすごくダサかった。構造上仕方ないのだろうけど、車のフロントから充電ってのはダメだと思った。あと、充電プラグがひどくダサかった。


f:id:memorandum-wasureru:20161231174338j:image

バーの後にはガクヤ行って友達にアドバイスを聴きながらジャズのCDを買った。その後締めのラーメンに一風堂に行って解散した。

 

2016年の思い出

・裸足でSummer

・ウェルビー

・東邦 猛打による逆転

・森、道、市場

・ゴルフスクール

・ポートメッセ握手会

・サウナトランス(夏の平日)

・横浜 対 履正社

・昼のセント酒

・いつかこの恋を思い出して泣いてしまう

・街の報せ(cero)

・A Long Day(ミツメ)

・乃木坂の生放送ライブ(サウナ内でみた)

・24時間テレビのマラソン完走シーン(露天風呂で見た)

・新城 千枚田

五色園

チベット寺院

・サウナしきじ

シグルイ聖地巡礼

・盆の国

・サ道

・初恋芸人

・和合温泉 湯楽

・重版出来

・営業部長 吉良奈津子

西東さん観覧

新設移転された中京テレビはできてそう経っていない新キャンパスの愛大の隣だった。街灯が現代風でシティ感がでてた。それだけでも雰囲気に呑み込まれていたのに加えて、テレビ局内に入るっていうこと、普通のサラリーマンの生活では考えられない時間に(23時50分集合)活動するってことで高揚感MAXだった。

前説はトラッシュスター、カリブリボンっていう芸人だった。正直、ネガティブな感情しか生まれなかったので割愛。

 生で見ると違うと強く感じたのは今まで嫌いだったミキ だった。兄のツッコミはうるさいだけのキレツッコミでカンニング竹山に及ばんと思ってたけど、弟との空気作りがすごくてツッコミのうまさが際立ってた。兄弟ってのもあってキリンジのハーモニーだと思った(ミキは解散しないでほしい)。あと、ネタ後のトークでも自分達の漫才を活かしつつ笑いを取っていたのはミキだった。トークまでミキの漫才になっていた。弟がツッコミを受けにくるのは放送では上半身しか映ってなかったけど、全身写らないと面白さ半減だとおもう。観覧の勝ちだと確信した。
f:id:memorandum-wasureru:20161227205206j:image

一番期待していたAマッソは二人ともゲラニチョビで買ってたM-1用の衣装で登場。加納愛子のかわいさも目当てでAマッソに期待をしていたけど、実際、村上愛もとてつもなくかわいかった。二人とも小柄だなーと思って調べてみると二人とも身長は155㎝とのこと。小柄で動いてる姿がとてつもなくキュンときた。ネタはシュールさが強くてわかりづらい東京アカデミーのネタだった。既に何度も見たことあるネタだけど改めて難解さを感じた。

番組が終わると出演者の出待ちが出ないように観覧者を待たせるためなのか、前説の芸人がまた登場。写真撮影許可していたので記念に1枚とった。


f:id:memorandum-wasureru:20161226002739j:image

帰る前に小腹が空いたということでマクドナルドに言った。深夜のハンバガーが驚異的にうまかった。

乃木坂握手会

12月17日にポートメッセ開催の乃木坂46ミニライブと握手会に参加してきた。

ミニライブ開始にあたっての和田まあや伊藤純奈による注意事項読み上げで会場がどよめいて、OVERTUREが流れた時は既に会場全体に高揚感があった。その空気を味わえたたけでも、いい経験ができてよかったと思った。ライブは自分のブロックがかなり後ろでスクリーンすらろくに見えない状態だった。それに加えて音が割れてて音質は悪かったし、サヨナラの意味以外さほど聴き込んでいなかったので、正直あまり楽しめなかった。ただ、ファンの持つペンライトが綺麗だなーと思った。ステージ上からみるとまた景色が違うんだろうな。

握手会は 推しメンの堀未央奈のレーンに並んだ。ブースの近くの折り返し地点になると隣のレーンのメンバーを何人か見ることができた。星野みなみの透明感がすごかった。自分の前に並んでた女性ファン(堀未央奈・樋口ひなレーンに並んでいた)と目があっていたときに気付いた星野みなみが手を振っていてファンサービスも素晴らしいと思った。

自分の握手の時は堀未央奈がこちらがこちらに耳をかたむけてくれているような仕草をしていたのにも関わらず、緊張なのかよくわからないけど、状況がうまく飲み込めなくなって何も言葉を発することなくはがされてしまった。実物はテレビよりもかわいいとかそういう気持ちが生まれることも無いくらい何がなんだかわからなかった。

握手待ちで並んでいる時にアイドルにとっての握手会について考えていた。会ったこともない人と握手なんてしたくないだろうし、対応が悪いと人気にも影響を及ぼしてしまうし、大変な仕事だとおもった。心身ともにハードそうだ。

帰りにはアイドル業という仕事について色々考えてしまった。アイドルには年齢の制約があるので、早いうちに芽がでないと実りのないままアイドル人生が終わってしまう。限られた時間の中で成果をあげないといけない。グループ内外問わずライバルで溢れているし、悔しい経験、不安になることばかりなんじゃないかと思う。その半面、努力が実った時はとてつもない喜びが得られるんだろうと思う。自分より年下にも関わらず、アイドルは色々経験している。それに比べて自分の人生の平坦さ、面白味なのさに絶望した。自分は推し今までなにかに対して本気で努力をしたことがないと思えたし、今後の人生もそうたいしたこともないんだろうと思う。自分の人生の価値がよくわからない。

高校の時、ギターで飯を食えるようになりたいと思っていた。その頃アクションを起こしてたらよくも悪くも今とは違う人生になっていたと思う。

 


f:id:memorandum-wasureru:20161223151350j:image
f:id:memorandum-wasureru:20161223151405j:image
f:id:memorandum-wasureru:20161223151416j:image


2016年12月4日M-1グランプリ

龍馬伝のBGMに合わせたトレンディエンジェルのVTRから始まったM-1グランプリの中継。BGMがズルいし感動してしまう。トレンディエンジェルのネタはハゲっていう個性の自虐、イジリ中心だから自分としてはあまり好きではないけど、ボケツッコミのテンポと、キャラクターのキャッチーさを考えると売れるのにも納得するなーとしみじみ思った。

 

アキナ

奇をてらわないボケツッコミスタイルで清々しい。サンパチマイクが似合う。離婚する両親と幼い子どもっていう一貫したテーマの中でワードセンスがすごくて飽きがこないし、テンプレート通りのボケがなかった。

 

カミナリ

川柳のネタ。ボケ、ツッコミの二人ともキャラクターがあって役割を果たしててすごく良かった。ネタの時間を考慮したバランスのいい展開もすごくいい。ただ、古くからあるような漫才が好きな自分としては、上沼恵美子の81点っていう点数でほどよい総合得点に思えた。

 

相席スタート

ストライクゾーンのネタ。ケイさんかわいい。相席スタートは好きだけど、コント要素強いからもっとサンパチマイクが似合うコンビに勝って欲しい気がしてしまった。スケベ心からもっとケイさんがグイグイくるネタをやってほしかった。

 

敗者復活

和牛が敗者復活が決まったときは、ナッパに苦しめられてるクリリン達に加勢した悟空の頼もしさのようなものを感じて泣きそうになった。それと同時にスーパーマラドーナが優勝して欲しい自分としては、和牛は脅威だった。あと、敗者復活が和牛かミキか発表するときに安藤なつが手を組んで祈ってて、和牛が決まったとき自分のことのように喜んでるところにもグッときた。ライバルの勝ちに対して素直に喜べる人はかっこいい。

 

銀シャリ

ドレミの歌のネタ。銀シャリのテンポ感、ひとつのテーマのなかでボケの多様性、ツッコミのワードセンス…凄すぎる…ボケもツッコミも面白いからお互いの相乗効果を強く感じた。

 

スリムクラブ

本気でつまらなかった。呂布カルマが評価してるとは言えど、笑いどころがわからない。好きな人は好きなのかもしれないけど、自分はシュールを履き違えてるだけだと思ってる。

 

ハライチ

RPGのネタ。すごく好きなネタだけど、笑いが若くて審査員にはなかなか響かなそうだと思ってみてた。巨人師匠がRPGわからん人にはキツいと思うって言ってたけど、審査員もそれがあって点がつけれなかったのかなぁ。あと、澤部のノリツッコミ無しで勝負してるところに好感が持てた。ハライチは澤部ばっかりテレビ出てるけど、岩井がもっと人気でていいと思う。

 

スーパーマラドーナ

エレベーターのネタ。田中がエレベーターに乗ってることが最後に発覚するところは、落武者のネタに通ずるものがある。ネタの中に伏線はるのが好きな自分としては凄く嬉しい。田中のキリッとした表情がとてつもなくサイコー。スーパーマラドーナ中川家の緻密なコント感に通ずるものがあると思ってたし、中川家礼二の95点が嬉しかった。たまに雑なボケだなーってのはあったけど、武智のツッコミと状況説明がうまいし、カタチになってると思った。

 

さらば青春の光

能のネタ。正直あんまりよくわからなかった。ワンパターンの展開のネタは自分に引っ掛かる部分がないと全く面白くないな。好きなリフの曲ならずっと聴いてられるっていうのは、漫才でも同じことが言えると思うし、リフがハマらなければダメだ。どちらにしても決勝に行けないにしろアキナより上だったのが残念。

 

和牛

ドライブデートのネタ。さっきは悟空に例えたけど、ネタに意地悪さがあって実際は ヒールキャラだと思う。やっぱりボケが面白いなーと思ってたけど、いろんな人のM-1についてコメントを見てたらツッコミを評価してた。もう一回ネタを見直してみると確かにツッコミもスゴい。独自のタイム感があって真似できる人はいないんだろうなーと感じた。

 

決勝

1.スーパーマラドーナ(時代劇)

2.和牛(花火大会デート)

3.銀シャリ(雑学)

 

決勝のネタ前にスーパーマラドーナ田中が「今田でしょ!」を入れ込んできたのがクール過ぎた。銀シャリは既に売れてるし、和牛、スーパーマラドーナが優勝した方が話題性あるかと思ったけど、決勝のネタ見たら銀シャリが優勝だなーと思ったから結果に納得。決勝でも中川家礼二スーパーマラドーナにあげてたのがやはり嬉しい。

冬銭湯

今日は早朝からゴルフコンペに参加した。

練習頻度を増やして、打ちっぱなしでは飛距離はないがまっすぐ飛ぶようになっていたが、ラウンドではボロボロで前よりも遥かにスコアを落とした。

練習通りの打球を本番で打てるようにならないとスコアの向上は望めなさそうだ。

 

夜は和合温泉湯楽に行ってきた。

湯楽はサウナ、水風呂、小休憩場所か露天にあるので、ここ最近は小休憩で整っても寒すぎてすぐに解除してしまっていた。

そこで今回は会えて水風呂を避けて、サウナ→小休憩を繰り返した。サウナトランスにはなれないが、ディープリラックスはできた。

サウナが夏ほど深く味わえない反面、風呂はとても良かった。

 

芸人

前からyoutubeでよくお笑いをみていたけど、最近は特によく見てる。最近いいなと思ってる芸人に関して一言。

 

Aマッソ

加納愛子が外見だけじゃなくて声もかわいいのに、発する言葉全てに毒があってグッとくる。「きっしょ」は単語一つなのにパンチライン。静岡の番組も二人の性格の良さがでてるし、噴水に突っ込んでく加納愛子か素敵。

 

浜口浜村

近年はボケ、ツッコミの境界があいまいになっていたり、ボケ、ツッコミじゃなくて、ボケ、ノリだったり、ボケ、ボケとかの芸人が増えてる気がする。浜口浜村もまさにそれで同ジャンルにカテゴライズされる芸人は少なからずいると思うけど、展開の秀逸さを加味すると浜口浜村は発明だと思った。

 

他にはタイムマシーン3号コマンダンテスーパーマラドーナ、しゃもじ、かもめんたる、流れ星、田畑藤本が最高だな。

 

あと、昔のTHE MANZAIも見てて、現代の芸人にも通ずるものと言うか、系譜と言うか流れをかんじた。